任意売却後の引越し費用を確保する方法

任意売却のメリットとして、債権者が「引越し費用」の便宜を図って貰えるというものがあります。

任意売却をおこなうと、当然のことながらマイホームから退去しなくてはなりません。しかし、借金を抱える利用者にとっては、引越し費用のねん出は容易なことではありません。

では、具体的にはどうすればいいのでしょうか?

結論から言うと、任意売却を依頼する業者に対して引越し費用や当面の生活費の便宜を図ってほしい旨を率直に伝える事です。 任意売却の業者にとっても、債務者が引越し費用が捻出できずに物件にずっと居座られても困ります。

また、債権者(金融機関、保証会社)にとってみれば、競売ではなく任意売却なら早期に多くの金額を回収できるので、ある程度のリクエストは聞いてくれます。

任意売却の依頼を受けた業者は、債権者や買主と相談をおこない交渉した上で、物件の売買代金の中から引越し費用を確保するために働きかけてくれます。引越し費用だけでなく、当面の生活費まで確保できるかどうかとなると、あまり大きな期待はできませんが、引越し費用だけならかなり高い確率で確保できるでしょう。

ですので、任意売却手続きを引き受ける業者に「引越し費用や当面の生活費を捻出させるだけの交渉力があるかどうか」というのは非常に重要な問題です。

任意売却を検討する際には、物件売却決定後の生活費などに関してしっかり質問しましょう。

任意売却というのは、自分の家を手放す代わりに新たな生活再生をおこなうための方法です。 任売後に、生活苦に陥ってしまったら本末転倒になります。

新たな住居を確保できる担保を得てから任意売却に踏み切りましょう。

任意売却に関する悩みをなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
任意売却とは
任意売却とは?
任意売却のメリット
ご相談から任意売却成立までの流れ
任意売却をするための条件
任意売却で押さえておきたいポイント
任意売却を相談するタイミング
任意売却を失敗させないために
任意売却後の引越し費用を確保する方法
買戻しやリースバック不動産で任意売却後も住み続ける方法
任意売却は誰に相談?業者を選ぶポイント
離婚前後に住宅を任意売却する方法
競売と任意売却
競売とは?
競売と任意売却の違いと売買金額の比較
競売のデメリット
差し押さえを受けた場合の対策
競売にかけられるとどうなるか?
競売で落札されなかった場合は?
裁判所から「競売開始通知」が届いた場合の対処法
執行官による不動産調査と現況通知について
住宅ローンでお悩みの方
住宅ローンを滞納するとどうなるか?(期間など)
住宅ローンの返済が困難な場合
親子間売買・親族間売買をする方法
住宅ローン滞納で、催告書や代位弁済通知が届いた場合の対応
住宅ローン以外でも借金がある人こそ任意売却がオススメです!
住宅ローンが払えない時の対処法
任意売却後、残った住宅ローンはどうなるのか
任意売却のよくあるご相談
任意売却にデメリットってありますか?
任意売却してから、残ったローン(残債)はどう支払って行けばいいですか?
任意売却の費用はどれくらいかかりますか?
住宅ローンが返済困難で任意売却することをご近所さんはもちろん、誰にも知られたくないのですが。
任意売却を語る悪質な手口もあると聞きましたが。
任意売却の無料相談の際に準備する書類や用意しておくものはありますか?
債権者が「任意売却」に応じてくれるのはなぜですか?
自己破産するよりも任意売却をした方が良いでしょうか?
任意売却が出来ない事もあるのでしょうか?
任意売却で知っておきたい用語集
新着事務所
株式会社アットユーライフ
司法書士 いえまち法務(不動産会社同時運営)
司法書士事務所 京都リーガル
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ