任意売却の用語集

リースバック(りーすばっく)とは[意味/説明/解説]

リースという言葉には借りるという意味があり、バックという言葉には戻すという意味があるので、リースバックを直訳すると「借り戻す」ということになります。
では、リースバックは、一体どのような場合に利用されるのでしょうか。

事例として、住宅ローンで購入した住宅に住んでいるAさんがいるとします。

購入当初は返済に問題はありませんでしたが、やがて仕事を失うことになって、Aさんはローンが支払えなくなりました。
そのままローンを支払わないと、やがて住宅は競売にかけられて売られ、Aさんは明け渡し請求により家を出ていかなくてはなりません。

しかし、他にあてがなく、引っ越し資金も用意できないAさんは、何としても住宅に住み続けたいと考えた結果、競売の前に任意売却して、買主から借りる方法があることに気付きます。
住宅の所有権はAさんから買主に移りますが、買主から借りれば住み続けることだけは可能になるのです。

早速Aさんは、リースバックに応じてくれる買主を探すことにします。
リースバックはAさんの都合でしかなく、買主は現れませんでしたが、付き合いの長い知人が見かねて買ってくれることになり、無事Aさんは出ていかなくても良くなりました。

このように、売却した住宅を自分で借り受けることを、リースバックと言います。
リースバックでは、所有者が変わっても使用者が変わらない点が特徴です。

多くの人にとって、住宅ローンを組んで住宅を購入するのは、その地に長い間居住することを前提にしています。
ですから、生活環境が変わる影響は大きく、特に学校に通う子供にとっては、転校は大きな環境の変化で受け入れがたいでしょう。

リースバックならそのまま住めるので、生活環境は変わりませんし、ゆくゆくは買い戻すことも視野に入ってきます。
リースバックは売却後に借りられることが大事なので、多くは親族や知人との間で利用される方法です。

任意売却とは
任意売却とは?
任意売却のメリット
ご相談から任意売却成立までの流れ
任意売却をするための条件
任意売却で押さえておきたいポイント
任意売却を相談するタイミング
任意売却を失敗させないために
任意売却後の引越し費用を確保する方法
買戻しやリースバック不動産で任意売却後も住み続ける方法
任意売却は誰に相談?業者を選ぶポイント
離婚前後に住宅を任意売却する方法
競売と任意売却
競売とは?
競売と任意売却の違いと売買金額の比較
競売のデメリット
差し押さえを受けた場合の対策
競売にかけられるとどうなるか?
競売で落札されなかった場合は?
裁判所から「競売開始通知」が届いた場合の対処法
執行官による不動産調査と現況通知について
住宅ローンでお悩みの方
住宅ローンを滞納するとどうなるか?(期間など)
住宅ローンの返済が困難な場合
親子間売買・親族間売買をする方法
住宅ローン滞納で、催告書や代位弁済通知が届いた場合の対応
住宅ローン以外でも借金がある人こそ任意売却がオススメです!
住宅ローンが払えない時の対処法
任意売却後、残った住宅ローンはどうなるのか
任意売却のよくあるご相談
任意売却にデメリットってありますか?
任意売却してから、残ったローン(残債)はどう支払って行けばいいですか?
任意売却の費用はどれくらいかかりますか?
住宅ローンが返済困難で任意売却することをご近所さんはもちろん、誰にも知られたくないのですが。
任意売却を語る悪質な手口もあると聞きましたが。
任意売却の無料相談の際に準備する書類や用意しておくものはありますか?
債権者が「任意売却」に応じてくれるのはなぜですか?
自己破産するよりも任意売却をした方が良いでしょうか?
任意売却が出来ない事もあるのでしょうか?
任意売却で知っておきたい用語集
新着事務所
株式会社アットユーライフ
司法書士 いえまち法務(不動産会社同時運営)
司法書士事務所 京都リーガル
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ