任意売却の用語集

留置権(りゅうちけん)とは[意味/説明/解説]

普段聞きなれない言葉ですが、留置権は日常的に起こりうる権利で、他人の物を占有しているときに、占有物によって生じた支払いを受けるまで占有し続けることができる(留置できる)権利です。

留置という言葉は、警察に逮捕されて留置されるという使われ方もしますが、留置権は全く違う意味で、そのままでは理解が難しいため事例で考えてみましょう。

Aさんは、ペットとして飼っている猫が病気にかかったので、動物病院に連れていきました。しかし、思いのほか治療費が高く、Aさんは支払うことができませんでした。

ここで動物病院は、治療費を支払わなければ、猫を返さないと主張します。
常識的に考えても、猫を返してしまうと支払いに来ない可能性もあるため、動物病院の取った行動は不思議ではないでしょう。

Aさんは、たまたま役所で開かれていた無料法律相談に出向いて、動物病院の件を相談しましたが、担当の弁護士いわく、動物病院が猫を返さないのは法律に定められた権利で、適法だとのことでした。
弁護士が言っている、法律に定められた権利が「留置権」です。

留置権を規定する民法第295条には、「他人の物の占有者は、その物に関して生じた債権を有するときは、その債権の弁済を受けるまで、その物を留置することができる。」とあります。

事例では、「他人の物」は猫、「占有者」は動物病院、「その物に関して生じた債権」は猫に関して生じた治療費の支払いと置き換えられます。
そして、「その債権の弁済を受ける」とは、動物病院が治療費の支払いを受けることですから、治療費が支払われるまで、動物病院は「その物を留置」つまり猫を自身の支配下に留め置くことができるというわけです。

留置権は「その債権の弁済を受けるまで」の条件が付いた権利であり、債権に該当する治療費の支払いをAさんが済ませてしまえば、もはや条件を満たさず、留置権は当然に失われます。
動物病院は、Aさんが治療費を支払っても猫を返さなければ、留置権によらない不法な占有になるのです。

任意売却とは
任意売却とは?
任意売却のメリット
ご相談から任意売却成立までの流れ
任意売却をするための条件
任意売却で押さえておきたいポイント
任意売却を相談するタイミング
任意売却を失敗させないために
任意売却後の引越し費用を確保する方法
買戻しやリースバック不動産で任意売却後も住み続ける方法
任意売却は誰に相談?業者を選ぶポイント
離婚前後に住宅を任意売却する方法
競売と任意売却
競売とは?
競売と任意売却の違いと売買金額の比較
競売のデメリット
差し押さえを受けた場合の対策
競売にかけられるとどうなるか?
競売で落札されなかった場合は?
裁判所から「競売開始通知」が届いた場合の対処法
執行官による不動産調査と現況通知について
住宅ローンでお悩みの方
住宅ローンを滞納するとどうなるか?(期間など)
住宅ローンの返済が困難な場合
親子間売買・親族間売買をする方法
住宅ローン滞納で、催告書や代位弁済通知が届いた場合の対応
住宅ローン以外でも借金がある人こそ任意売却がオススメです!
住宅ローンが払えない時の対処法
任意売却後、残った住宅ローンはどうなるのか
任意売却のよくあるご相談
任意売却にデメリットってありますか?
任意売却してから、残ったローン(残債)はどう支払って行けばいいですか?
任意売却の費用はどれくらいかかりますか?
住宅ローンが返済困難で任意売却することをご近所さんはもちろん、誰にも知られたくないのですが。
任意売却を語る悪質な手口もあると聞きましたが。
任意売却の無料相談の際に準備する書類や用意しておくものはありますか?
債権者が「任意売却」に応じてくれるのはなぜですか?
自己破産するよりも任意売却をした方が良いでしょうか?
任意売却が出来ない事もあるのでしょうか?
任意売却で知っておきたい用語集
新着事務所
株式会社アットユーライフ
司法書士 いえまち法務(不動産会社同時運営)
司法書士事務所 京都リーガル
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ