任意売却のメリット

任意売却は住宅ローンの返済で困っている人にとってはメリットが多いシステムです。  

大きく以下のようなポイントがあります。

・自宅が市場相場に近い価格で売れる
・残ったローンもある程度柔軟に返済プランが組める
・第三者に任意売却をおこなっている事がバレない
・自宅売却後の引っ越し時期もある程度希望を聞いてもらえる
・計画的に新たな生活の準備がおこなえる

このように様々なメリットがありますが、最も大きいのは「競売に比べて物件の売却価格が高くなる可能性が多い」ということでしょう。

競売だと売却価格はどうしても低くなりがちなので、売却金を住宅ローン返済にあてたとしてもまだまだ多くの残債が残ってしまうのですが、一般的な不動産売買の相場に近い金額で売却できる任意売却なら住宅ローンの残債も少なくなるため、その後の返済がかなり楽になるというわけです。

また、住宅ローンの残債の返済方法そのものに関しても、任意売却は競売よりも有利です。

なぜかというと、競売で残債が残った場合、その残債の返済方法や額などを交渉することすらできないのですが、任意売却の場合は債権者との交渉が可能だからです。返済方法や期間の見直しだけでなく、場合によっては残債そのものの減額を認めてもらえるケースもありますので、これも非常に大きなメリットと言えるでしょう。

他にも任意売却の金銭的なメリットと言えば、「税金の滞納分や物件売却にまつわる諸費用も、任意売却した代金の中から、債権者が配分として支払ってくれる形になります。ですから「諸費用等の手持ち資金がないと任意売却の手続きを進められない」ということもないわけです。

さらに、任意売却なら物件の明け渡し時期についてもある程度は調整が可能ですし、交渉次第では引越し料金や当面の生活費まで出してもらえるケースもあります。また、これは意外に知られていませんが、任意売却を親子間でおこなえば、継続して今までどおりその家に住むことが可能になります。もちろん、親の協力がないとできない事ではありますが。

このように「任意売却」は競売と比べて圧倒的に生活の立て直しが図りやすいものなのです。

任意売却に関する悩みをなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
任意売却とは
任意売却とは?
任意売却のメリット
ご相談から任意売却成立までの流れ
任意売却をするための条件
任意売却で押さえておきたいポイント
任意売却を相談するタイミング
任意売却を失敗させないために
任意売却後の引越し費用を確保する方法
買戻しやリースバック不動産で任意売却後も住み続ける方法
任意売却は誰に相談?業者を選ぶポイント
離婚前後に住宅を任意売却する方法
競売と任意売却
競売とは?
競売と任意売却の違いと売買金額の比較
競売のデメリット
差し押さえを受けた場合の対策
競売にかけられるとどうなるか?
競売で落札されなかった場合は?
裁判所から「競売開始通知」が届いた場合の対処法
執行官による不動産調査と現況通知について
住宅ローンでお悩みの方
住宅ローンを滞納するとどうなるか?(期間など)
住宅ローンの返済が困難な場合
親子間売買・親族間売買をする方法
住宅ローン滞納で、催告書や代位弁済通知が届いた場合の対応
住宅ローン以外でも借金がある人こそ任意売却がオススメです!
住宅ローンが払えない時の対処法
任意売却後、残った住宅ローンはどうなるのか
任意売却のよくあるご相談
任意売却にデメリットってありますか?
任意売却してから、残ったローン(残債)はどう支払って行けばいいですか?
任意売却の費用はどれくらいかかりますか?
住宅ローンが返済困難で任意売却することをご近所さんはもちろん、誰にも知られたくないのですが。
任意売却を語る悪質な手口もあると聞きましたが。
任意売却の無料相談の際に準備する書類や用意しておくものはありますか?
債権者が「任意売却」に応じてくれるのはなぜですか?
自己破産するよりも任意売却をした方が良いでしょうか?
任意売却が出来ない事もあるのでしょうか?
任意売却で知っておきたい用語集
新着事務所
株式会社アットユーライフ
司法書士 いえまち法務(不動産会社同時運営)
司法書士事務所 京都リーガル
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ