任意売却の用語集

親子間売買(おやこかんばいばい)とは[意味/説明/解説]

文字通り、親子間売買は親子間で売り買いをすることですが、ここでは不動産における親子間売買について説明します。
事例として、父Aさんと、その息子Bさんにおける親子間売買を考えてみましょう。

Aさんは、多額の住宅ローンで家を建てましたが、事業がうまくいかず、ローンの返済ができなくなってしまいました。
売却してローンを返済する方法もあるとはいえ、どうしても自宅を手放す決意ができず困っています。

そこでAさんが思いついたのは、息子のBさんに住宅を買ってもらい、売却金額でローンを完済する親子間売買です。
住宅の所有者はBさんに変わりますが、家族なのでそのまま住み続けることができて一石二鳥と考えたのです。

Bさんは、早速住宅ローンの申し込みをするため金融機関を訪れましたが、軒並み断られてしまいます。
金融機関は親子間売買での融資を嫌う傾向にあり、唯一融資を受けられるのはノンバンクで高い金利のところだけでした。
親子間売買で乗り切ろうとしたAさんは、結局諦めて思い入れのある自宅を手放してしまいます。

この事例のように、親子間売買に金融機関が消極的なのは理由があります。

そもそもBさんはAさんの子供ですから、贈与やいずれは相続も考えられるのに、売買するのは説明が付きませんし、その売買価格も適正だとは限りません。

住宅ローンの原則は、自分が住む住宅のための借り入れですが、このケースの場合、背景にAさんの返済問題があり、Aさんのための借り入れであることが明らかです。
さらには、Aさんの事業資金に回される可能性もあるでしょう。

また、住宅ローンでは返済保証をする保証会社との契約も欠かせず、保証会社は親子間売買を保証対象にしていないのも大きな理由です。
金融機関は保証されない融資は行えず、動機も本来の目的外である親子間売買は、認めてくれないというわけです。


しかし、全ての親子間売買が認められないかというと決してそうではなく、合理的な理由と適正な価格での取引、不動産会社の介在などで認められる場合もあります。

住宅ローンが返済できなくなったときは、1つの選択肢として親子間売買も考えてみましょう。

任意売却とは
任意売却とは?
任意売却のメリット
ご相談から任意売却成立までの流れ
任意売却をするための条件
任意売却で押さえておきたいポイント
任意売却を相談するタイミング
任意売却を失敗させないために
任意売却後の引越し費用を確保する方法
買戻しやリースバック不動産で任意売却後も住み続ける方法
任意売却は誰に相談?業者を選ぶポイント
離婚前後に住宅を任意売却する方法
競売と任意売却
競売とは?
競売と任意売却の違いと売買金額の比較
競売のデメリット
差し押さえを受けた場合の対策
競売にかけられるとどうなるか?
競売で落札されなかった場合は?
裁判所から「競売開始通知」が届いた場合の対処法
執行官による不動産調査と現況通知について
住宅ローンでお悩みの方
住宅ローンを滞納するとどうなるか?(期間など)
住宅ローンの返済が困難な場合
親子間売買・親族間売買をする方法
住宅ローン滞納で、催告書や代位弁済通知が届いた場合の対応
住宅ローン以外でも借金がある人こそ任意売却がオススメです!
住宅ローンが払えない時の対処法
任意売却後、残った住宅ローンはどうなるのか
任意売却のよくあるご相談
任意売却にデメリットってありますか?
任意売却してから、残ったローン(残債)はどう支払って行けばいいですか?
任意売却の費用はどれくらいかかりますか?
住宅ローンが返済困難で任意売却することをご近所さんはもちろん、誰にも知られたくないのですが。
任意売却を語る悪質な手口もあると聞きましたが。
任意売却の無料相談の際に準備する書類や用意しておくものはありますか?
債権者が「任意売却」に応じてくれるのはなぜですか?
自己破産するよりも任意売却をした方が良いでしょうか?
任意売却が出来ない事もあるのでしょうか?
任意売却で知っておきたい用語集
新着事務所
株式会社アットユーライフ
司法書士 いえまち法務(不動産会社同時運営)
司法書士事務所 京都リーガル
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ