任意売却の用語集

連帯保証人(れんたいほしょうにん)とは[意味/説明/解説]

親から「連帯保証人だけにはなるな」と、きつく言われて育った人もいるでしょう。
連帯保証人を引き受けたばかりに、多額の借金を背負い、人生が狂った人も世の中には多くいます。
住宅ローンでは、ほとんどが連帯保証人から保証会社に代わりましたが、現在でも契約時の連帯保証人がなくなったわけではありません。

例えば、Aさんが金融機関にお金を借りる申し込みをしたとします。
金融機関はAさんが支払えなくなって、回収できなくなるのはリスクが大きいため、「Aさんの代わりに支払いの約束をしてくれる連帯保証人」が必要だと言います。

そこでAさんは、金融機関の出す条件を満たすため、Bさんにお願いして承諾を得ました。
金融機関からお金を借りるのはAさんでも、Bさんも連帯保証人として契約書に署名捺印します。
Aさんの債務(借金)を連帯して保証するので、連帯保証人と呼ばれます。

連帯の付かない保証人でも同じような契約ですが、連帯の有無によって、全く責任の度合いが違う点に注意しなくてはなりません。

連帯の付かない単なる保証人は、やはりAさんが支払えなければ、金融機関に支払う義務を負います。
しかし、Aさんが本当は支払えるのに支払わないとき、保証人は先にAさんに請求してくださいと言えます。

ところが連帯保証人では、Aさんが本当は支払えるのに支払わないときでも、請求があれば全額を支払う義務を負います。
つまり、Aさんの借金と同額の借金を背負っているのと同じ状況に置かれるのが、連帯保証人の非常に恐ろしいところです。

Aさんからすると、自分が意図的に支払わず金融機関から督促があっても、無視し続けることで連帯保証人に請求がいきます。
そこで、連帯保証人の立場を悪用し、行方不明になって借りたお金だけ持ち逃げしてしまうケースが後を絶ちませんでした。

連帯保証人は、このような重い責任から、信用できる関係でなければ頼めず、多くは親などの近親者になるでしょう。
それでも、どうしても助けて欲しいと懇願されて、やむを得ず連帯保証人になった結果、他人の借金を背負うことになった人は数知れません。

「連帯保証人だけにはなるな」というのは、こうした事例を踏まえての先人の教えです。

任意売却とは
任意売却とは?
任意売却のメリット
ご相談から任意売却成立までの流れ
任意売却をするための条件
任意売却で押さえておきたいポイント
任意売却を相談するタイミング
任意売却を失敗させないために
任意売却後の引越し費用を確保する方法
買戻しやリースバック不動産で任意売却後も住み続ける方法
任意売却は誰に相談?業者を選ぶポイント
離婚前後に住宅を任意売却する方法
競売と任意売却
競売とは?
競売と任意売却の違いと売買金額の比較
競売のデメリット
差し押さえを受けた場合の対策
競売にかけられるとどうなるか?
競売で落札されなかった場合は?
裁判所から「競売開始通知」が届いた場合の対処法
執行官による不動産調査と現況通知について
住宅ローンでお悩みの方
住宅ローンを滞納するとどうなるか?(期間など)
住宅ローンの返済が困難な場合
親子間売買・親族間売買をする方法
住宅ローン滞納で、催告書や代位弁済通知が届いた場合の対応
住宅ローン以外でも借金がある人こそ任意売却がオススメです!
住宅ローンが払えない時の対処法
任意売却後、残った住宅ローンはどうなるのか
任意売却のよくあるご相談
任意売却にデメリットってありますか?
任意売却してから、残ったローン(残債)はどう支払って行けばいいですか?
任意売却の費用はどれくらいかかりますか?
住宅ローンが返済困難で任意売却することをご近所さんはもちろん、誰にも知られたくないのですが。
任意売却を語る悪質な手口もあると聞きましたが。
任意売却の無料相談の際に準備する書類や用意しておくものはありますか?
債権者が「任意売却」に応じてくれるのはなぜですか?
自己破産するよりも任意売却をした方が良いでしょうか?
任意売却が出来ない事もあるのでしょうか?
任意売却で知っておきたい用語集
新着事務所
株式会社アットユーライフ
司法書士 いえまち法務(不動産会社同時運営)
司法書士事務所 京都リーガル
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ