任意売却を失敗させないために

任意売却は競売よりもメリットが多いシステムである事はお伝えしましたが、あくまで任意売却の手続きを依頼する専門業者の手腕次第になります。

任意売却を失敗させないためには、しっかりとした業者を選ぶこと」が必要不可欠な条件と言えます。特に注意したいのが「債権者から紹介された業者をそのまま選んでしまう」ということです。この場合、指定業者側が債権者側のスタンスに立っている可能性が非常に高いからです。

任売業者にとってはできるだけ安く購入して高く転売するのが目的になりますので、競売価格よりも下回る価格で売却をさせられてしまうケースもあります。

また、債権者である金融機関によっては指定業者の利用を強く迫ってくることもありますが、「債権者が勝手に業者を指定し強要する」ということについて法的な強制力はありませんので、業者の受け入れに対しては即答しないようにしましょう。

では、自分で任売業者探しをする際にどのような点を重視すればいいのでしょうか?

まず、宅地建物取引主任者やファイナンシャルプランナーなど、金融・不動産の知識を有する相談員がいる業者であることが最低条件です。あなたの自宅の売却査定が正しくおこなわれるか、どんぶり勘定にならないかなどを加味して、専門性を有して誠実に業務をおこなう業者であるかがポイントです。

「任意売却専門」とうたう業者であっても、実は有資格者がいないというケースもありますし、事前に話しに聞いていない名目を後でたくさん請求してくるような悪質業者も存在します。

また、優良な任売業者と契約したとしても気を付けなくてはならないのが、「物件は必ずしもすぐに売れる保証がない」ということです。特に任売においては市場価格に近い金額での取引を目指すことになりますので、買い手がすぐに着かないことがあります。

利用者としては、金額を少しでも高くして残債を減らそうと考えがちですが、これが任意売却の失敗のもとになります。

任意売却は競売にならないための時間との闘いでもあります。あまり欲張り過ぎずに素早く進める事が重要なカギです。

任意売却に関する悩みをなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
任意売却とは
任意売却とは?
任意売却のメリット
ご相談から任意売却成立までの流れ
任意売却をするための条件
任意売却で押さえておきたいポイント
任意売却を相談するタイミング
任意売却を失敗させないために
任意売却後の引越し費用を確保する方法
買戻しやリースバック不動産で任意売却後も住み続ける方法
任意売却は誰に相談?業者を選ぶポイント
離婚前後に住宅を任意売却する方法
競売と任意売却
競売とは?
競売と任意売却の違いと売買金額の比較
競売のデメリット
差し押さえを受けた場合の対策
競売にかけられるとどうなるか?
競売で落札されなかった場合は?
裁判所から「競売開始通知」が届いた場合の対処法
執行官による不動産調査と現況通知について
住宅ローンでお悩みの方
住宅ローンを滞納するとどうなるか?(期間など)
住宅ローンの返済が困難な場合
親子間売買・親族間売買をする方法
住宅ローン滞納で、催告書や代位弁済通知が届いた場合の対応
住宅ローン以外でも借金がある人こそ任意売却がオススメです!
住宅ローンが払えない時の対処法
任意売却後、残った住宅ローンはどうなるのか
任意売却のよくあるご相談
任意売却にデメリットってありますか?
任意売却してから、残ったローン(残債)はどう支払って行けばいいですか?
任意売却の費用はどれくらいかかりますか?
住宅ローンが返済困難で任意売却することをご近所さんはもちろん、誰にも知られたくないのですが。
任意売却を語る悪質な手口もあると聞きましたが。
任意売却の無料相談の際に準備する書類や用意しておくものはありますか?
債権者が「任意売却」に応じてくれるのはなぜですか?
自己破産するよりも任意売却をした方が良いでしょうか?
任意売却が出来ない事もあるのでしょうか?
任意売却で知っておきたい用語集
新着事務所
株式会社アットユーライフ
司法書士 いえまち法務(不動産会社同時運営)
司法書士事務所 京都リーガル
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ