任意売却の用語集

登記簿謄本(とうきぼとうほん)とは[意味/説明/解説]

登記簿とは、権利や存在を公的な記録として残している法務局管理の帳簿のことで、謄本とは、内容の全てを写し取っていることを意味します。
したがって、登記簿謄本とは、登記簿の内容を全て写したものということになります。ちなみに、一部を写したものを抄本(しょうほん)と呼びます。

会社についての記録が商業登記簿、不動産についての記録が不動産登記簿で、単に登記簿と言えば一般には不動産登記簿だと思って良いでしょう。
登記簿へ記録することを「登記」と呼び、会社を設立した場合や不動産を購入した場合はもちろん、既に登記されている内容を変更する場合にも登記が必要です。

商業登記簿は、会社を設立するときに商号、本店所在地、事業目的、役員などが記録されているので、会社が存在することを公に表明するものです。
会社を設立するときは、必ず設立登記をしなければ開業できません。

不動産登記簿は、土地や建物の所在、不動産に関する権利(所有権、抵当権など)の権利者などが記録されており、不動産を取得すると必ず登記をすることになります。
なぜなら、登記をして権利を記録しておかないと、その権利を主張できないからです。

権利は現に所有している人ではなく、登記上の権利者に与えられるので、不動産を購入して所有権を登記しないのは、その不動産を持っていないのと同じ扱いを受けます。

登記簿は誰でも閲覧可能で法務局に行けば見ることができますが、インターネットの普及で、オンラインでも請求可能になり法務局から郵送を受けることもできます。
また、閲覧サービスも行われていますが閲覧するだけで、閲覧画面を印刷しても公的な証明書にはならないので注意しましょう。

なお、登記簿謄本は、登記事項証明書(全部事項証明書または履歴事項証明書)と呼ばれる場合があり、これは法務局がコンピュータ化されている場合の名称です。
以前からコンピュータ化は進んでいますが、全国には達していないため、一部の法務局では現在も登記簿謄本として扱われています。

任意売却とは
任意売却とは?
任意売却のメリット
ご相談から任意売却成立までの流れ
任意売却をするための条件
任意売却で押さえておきたいポイント
任意売却を相談するタイミング
任意売却を失敗させないために
任意売却後の引越し費用を確保する方法
買戻しやリースバック不動産で任意売却後も住み続ける方法
任意売却は誰に相談?業者を選ぶポイント
離婚前後に住宅を任意売却する方法
競売と任意売却
競売とは?
競売と任意売却の違いと売買金額の比較
競売のデメリット
差し押さえを受けた場合の対策
競売にかけられるとどうなるか?
競売で落札されなかった場合は?
裁判所から「競売開始通知」が届いた場合の対処法
執行官による不動産調査と現況通知について
住宅ローンでお悩みの方
住宅ローンを滞納するとどうなるか?(期間など)
住宅ローンの返済が困難な場合
親子間売買・親族間売買をする方法
住宅ローン滞納で、催告書や代位弁済通知が届いた場合の対応
住宅ローン以外でも借金がある人こそ任意売却がオススメです!
住宅ローンが払えない時の対処法
任意売却後、残った住宅ローンはどうなるのか
任意売却のよくあるご相談
任意売却にデメリットってありますか?
任意売却してから、残ったローン(残債)はどう支払って行けばいいですか?
任意売却の費用はどれくらいかかりますか?
住宅ローンが返済困難で任意売却することをご近所さんはもちろん、誰にも知られたくないのですが。
任意売却を語る悪質な手口もあると聞きましたが。
任意売却の無料相談の際に準備する書類や用意しておくものはありますか?
債権者が「任意売却」に応じてくれるのはなぜですか?
自己破産するよりも任意売却をした方が良いでしょうか?
任意売却が出来ない事もあるのでしょうか?
任意売却で知っておきたい用語集
新着事務所
株式会社アットユーライフ
司法書士 いえまち法務(不動産会社同時運営)
司法書士事務所 京都リーガル
広告掲載のお問い合せはこちら

ページトップへ